スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お散歩でトレーニング♪

2010/05/12 Wed

昨日の雨は、明け方にはやみました。
お散歩する頃には、日差しも出て、着ていた上着を脱ぐ位気温も上がったけれど、
何となくポツ・ポツ…としているのが気がかりでした。

公園では、マハロちゃんに会えました。



5.12マハロちゃんと
           ウェルシュ・テリア …という犬種だそうです。




他にもたくさんいましたが、まだ、注意する時期なので、
私が挨拶を交わす程度でした。

帰りの緑道では、ゴロゴロゴロ…
怪しい雲も出てきて、家につく頃にはサァーッときました。
「セーフ!」
まだ公園にいたお友達は、濡れなかったかな??
緑道にいた保育園の子供達も、濡れずに戻れたかな??
しばらくし降っていましたが、その後は回復して、涼しい1日でした。 




先日は、しつけ…について書きました。
今日は、お散歩でのトレーニングを書きます。

トレーニング…「ツケ!」とか「マテ!」なんて格好のいいものではありません。

基本は、「自由」です。

そして、いつもの「名前を読んでオヤツ」
    …最近はオヤツ無しでも「いい仔?」だけだったりしてます。


花には、初めからハーネスを使用しています。
たぶん、引っ張るであろう事を予想していたので、
喉を締め付けるのが痛々しかったからです。
そして、さまざまなブログを拝見して、いろいろなタイプも使用してみて
今使っている「フリースラインドハーネス」に収まってます。


そして、チャーリーママさんのトレーニングに参加してから、
3mリードなる物を使用しています。

通常のリードは、1.3m位?でしょうか?
寄り添って歩いてくれる仔なら十分なのですが、
仔犬は、興味津々にあっちこっちに歩きます。
それを妨げないためです。

「え?!それじゃぁ、あっちこっちと振り回されちゃうよ?」と、思うかもしれません。
車の通りが激しい普通の道路では、危険ですよね。

3mをいつも伸ばして歩いているわけじゃないんです。
束ねて、その都度長さを調節して使っています。

ただ、気をつけるのは、張らない事。
引っ張りが強すぎる時は、止まります。
(ママさんのトレーニングでは「木になる}と言います)

引っ張り返すのではなく、「止める」のです。
脇をしめて、お腹のあたりにリードを固定して、
「それ以上は行けないよ」てな感じでしょうか?

花は、一瞬止まります。「なに?」って振り返ります。
振り返らなかったら…「名前を呼んで…」(日々の努力で、呼ばれると私を見ます)
「止まって振り返った事に…いい子だね?」
止まった時に、すぐリードは緩めます。(ダラ?ンとではないですよ)
張りが無くなる感じで…
ここがポイントなんですね。
犬って、引っ張られると反発して引っ張りっこになってしまうんです。
だから、ちょっと緩める。
万が一に備えて、すぐ止められるようにはしておきますが…

手の感じは、グーで止めて、パーで緩める感じ…ダメならすぐグーで止める。
グー・パー・グーパー…止めて緩めてを繰り返します。


初めの頃は、再度引っ張りを繰り返すので、
また「止める」…以下同じ事を繰り返していました。
ただ、もしもついて行かれる範囲なら飼い主がついて行ってあげるのも必要かと…
何度かやっていると引っ張りの加減が変わってきます。
花なりに考えている感じがします。

まだ、前方に「猫」や「お友達」を発見して突進してしまうのは、ありますが…
そこは、私の呼びかけで意識が私に向くようにする事が必要です。
「名前を呼んで…」ですね。
そして、先日(5/5の記事)の「インターセプト」の練習が必要です。

振り返った時にしゃがんであげると戻って来る事があります。
名前を呼んで?をしているので、最初は、オヤツを持ってやっていました。
これが呼び戻しの練習になります。

でも、道路状況、公園の中の状況次第では、3mいっぱいに行かせてあげたりしてみます。
呼び戻しの練習をしたりして…
そんな事を繰り返しているうちに、
今では、よっぽどの事がない限り、1m以内で前を歩いています。
日本犬の特性として、前を歩くのは当たり前なんです。
それを気がつかせてくれたのも、チャーリーママさんです。
ご主人の前を歩き、周りの気配を感じながら、獲物の匂いを追いかけて…
そんなDNAを無理に消さなくてもいいのではないかと思います。


犬種によって、飼い主との距離の取り方は様々で、
ついて歩くのが好きな犬は、そんなに離れないのでしょうが、
花は、見えなくなるまでは離れても平気なので、3mでは足りない位でした。
…が、このリードゆるゆるな歩き方をして、ストレスを感じずに自由に歩いているおかげで、
「ダメ!」という限界はありますが、楽しそうに歩いているのがわかります。
自ら横について来る時もあります。


それから、花の場合は前に行くばかりではなく、
私が通り越した後ろで「止まって」しまう事があります。
前方が不信な時(変わった歩き方の人が来た)とか、そっちへ行きたくない…とか
そんな時は、私が寄って行くと歩き出したりします。
固まってしまう時は、リードを真上にチョンチョンと合図、横にちょっと引いてあげると
我に帰るのか、歩きだします。

臭い嗅ぎに夢中で…なんて時もあります。
臭い嗅ぎ…は、犬にとっては、とても重要な情報収集活動なので、
なるべくつきあってあげます。

でも、あんまり長かったり、美味しい物がしみてたりしてペロペロしてしまう事もあります。
そんな時は、オヤツをつまんだ手を鼻先に…そこではあげません。
オヤツにつかせて(マグネット)先に導きます。適当な所で止まると…
たいがい自ら座るので、「いい仔ね?」であげます。(これは、拾い食いにも応用しました)


展覧会のように飼い主が颯爽と背筋を伸ばして、その横について歩く…なんて無理です。
(でもね…3月の展覧会で首輪に短いリードで歩けたのにはビックリでした。
 褒められる歩き方ではなかったですが…笑)

そんな光景を見て「素敵だな」とも思いますが、花と会話しながら歩くのも楽しいです。




5.3北條五代祭り1
         先日の小田原での母&花です。



少し離れて歩いていますが、人の迷惑にならない所ならばこれでいいかな??
なんて思ってます。
誰かの邪魔になるなら、私が寄って行けば済む事です。

時々、名前を呼ばなくても私を見てくれる花は、笑顔に見えます。
「楽しいね!」そう話しかけながら、出来る限り、自由に歩ける場所を歩いてます。


そうは言っても、通りの激しい道路を渡ったり、
歩道のない道で車や自転車と通り過ぎたりしなければならない事もあります。
そんな時は、それこそなるべく短くリードを持って花を誘導しなければなりません。

まずは、緑道で自由に先を歩いている花の様子です






緑道が切れるので、止まりました。
何も言わなくても、こちらを見ましたね。


次は、交差点で信号を渡る時の様子です。
     (うるさいので、音量に注意してください)






そして、住宅街で四方から危険がある場合に歩いている様子です。






私の足が見えるのがわかりますか?
自由に歩く時よりは、リードを短めで花の歩調に合わせています。

何とかこんな感じで歩けるようになりました。
誰かが見て点数を付けるわけではないので、迷惑をかけなければいいのかな??
と、勝手に思ってます。

まだまだなコンビですが、毎日頑張ってます。

明日は、秋ヶ瀬公園でチャーリーママさんのお散歩トレーニングがあります。
まだまだなコンビは、もっともっとちゃんと歩けるように、頑張ってきます!










にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメント

Secret

色々と勉強になります!
実践できることは、してみようと思いますが…
なんせ…相棒がなぁ~
やんちゃ坊主だし…。

我が家の場合…
最終的には、人様に迷惑かけなければ…ってとこでしょうか…(^^ゞ

リードを引けば犬も引く 引かせないなら引っ張らない
とってもよく分かります kuchan mamaが大きいキタを引き運動させると つい引っ張られる
と困ると緊張するせいか力が入って 無意識に必要以上に引っ張り返すので逆に引かれて
しまったりします(本人はそれに気が付かないで ワンコが引っ張ってると思ってしまうので
困ったものです)
主人だと自転車でも歩きでも しっかり歩きも リードだらりのリラックス歩きも 8mに伸びる
リードでの勝手散歩もスムーズにしてるのを見てると犬じゃなくて 引き手次第がバレバレ
なのでかなり悔しいです(笑)

うちでは 若いころのあっちはイヤするときは引っ張るより 首輪のところ持って軽く行くほう
に押し出すといいみたいでした

オシャが胴輪にしたのも花ちゃんと同じ理由でした。
力があるだけに引っ張りが強くて首が吊れてしまい呼吸がしずらくて・・・。

花ちゃんが散歩中にお母さんの顔見る様子、オシャもやるからわかるな~
どういう意味でみるのでしょうねぇ?
アイコンタクトで笑顔で返してあげます。

花ちゃんのリードはほんとに長いですね。
オシャはいちばん短い物で緩めたい延ばしたりしてます。

カムイ母さんへ

カムイ母さんへ


>やんちゃ坊主だし~

元気が一番!

しつけは、それぞれの家の都合でいいんですよ。
「人に迷惑かけなければ…」
みんなそんな気持ちは持っていると思うんです。
その尺度が違ったりして、悩む事もあるんでしょうね。

我が家のしつけで、参考になれば良いですが…
もっと上手に説明したいんですが、なかなか…ね(笑)

とにかく、縁あって迎えた命と一生つきあって行くわけですから、
楽しく暮らせる事が一番です!

kuchan mama さんへ

kuchan mamaさんへ


ワンコは正直ですね(笑)
トレーナーさんが引くと、全然違ったりしますからね。

とりあえず、今回の動画は上手くいっている部分を見ていただいたわけで、
まだまだ私も上手に出来ないんですよ。

kuchan mamaも密かに練習して、パパさんより上手になっちゃったら…?
頑張りましょう!

オシャ子さんへ

オシャ子さんへ


オシャ君が、オシャ子さんを見るのは、オシャ子さんを好きだからですよ…
その時の表情は、かわいい顔でしょう?
言葉は通じないけれど、通じる物があるような気がしませんか?

リードは、最終的には普通の長さで良いとは思うんですが、
花が無理なく歩くように、しばらくは、使って行きます。
コレ意外と便利で、広場で走るのにちょうどいいんです。
束ねても、他のロングリードよりは持ちやすいんですよ。
プロフィール

白花母

Author:白花母
北海道犬を飼おう・・・我が家の2代目わんこは、なんとあの‘お父さん’と同じ白い犬
どうしても日本犬に魅かれてしまう我が家にやって来た“花”
その“花”が、2010年12月15日母になりました。
“花”とその娘“花鈴”の記録を綴ります。どうぞご覧ください。

いくつになったの
今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
みんなのわんこ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。